おすすめ各社のiPhone5sの修理費用早見表

修理業者名 ガラス ボタン類 コネクター 水没復旧 バッテリー
スマホスピタル 6,800円〜
(アプリ割)
3,500円〜
(アプリ割)
3,500円〜
(アプリ割)
2,000円〜
(アプリ割)
3,000円〜
(アプリ割)
キャッスル 8,000円 5,000円 5,000円 7,000円 5,500円
スマートリペア 9,800円 6,500円 6,500円 6,500円 4,500円
iPhone修理王 9,800円 5,800円 5,800円 17,800円 6,800円
リンゴ屋 10,800円 7,200円 7,200円 10,000円 5,050円
大阪の頼れるiPhone修理業者ランキング » iPhoneが壊れたら~知っておきたい6つのこと~ » バックアップは取るべき?

バックアップは取るべき?

iPhoneを修理に出す際、気になるのがデータの扱いです。ここでは、画面修理などをするときに、収納されているデータがどのように扱われているかを見て行きましょう。

基本的にiPhoneを修理に出したらデータは消える

まず、iPhoneの修理について知らなくてはいけないこととして、アップルストアや携帯ショップに頼った場合は、データが消える可能性が高いことがあります。

これは個人情報保護の観点から、修理の過程でデータを初期化してしまうため。

というわけで、iPhoneを修理に出す前には、自分自身でデータのバックアップをとっておかなくてはならないのです。

iPhoneのバックアップ方法は、iCloudを使う方法とiTuneを使う方法があります。iCloudとはアップルが提供するWebサービスで、ネットワーク上のストレージにデータを保存することができます。

iPhoneをWifiネットワークに接続し、「iCloudバックアップ」を使えば、非常に簡単にデータのバックアップをとることができます。

ただし、一部の音楽、写真データはバックアップできない、iCloudの空き容量分しかバックアップできないという注意点があります。

一方、iTuneを使うと、PCに空き容量があれば、iCloudと比較して、ほぼ完全にiphoneをバックアップできます。Lightning ケーブルを使ってiPhone とPCをつなぐとiTunes が自動的に起動し、同期ボタン1つでバックアップを取ることが可能です。

データを消さないでiPhoneを修理するには

データを消さないでiPhoneを修理する手段としておすすめなのが、法整備なども整い、注目を集め始めたスマホ修理業者に頼ることです。

街にあるスマホ修理業者は、基本的に「壊れた部分だけ」を取り替えますから、保存されているデータが消えることがありません。

フロントガラス、バッテリー、ホームボタン、近接センサーなど、不具合のある部品だけが交換されて、中のデータはそのまま返ってきます。

修理に出す前にiPhoneのバックアップをとったり、戻ってきたiPhoneをPCにつない復元作業をしたりという、手間隙は一切不要です。

保証が効かなくなるというデメリットがありますが、手続きの手間や修理スピードを考えると、町の修理業者に頼ったほうが断然楽ができることでしょう。

信頼性◎!大阪で評判のiPhone修理業者3選

 

スマホスピタル

スマホスピタルの画像
修理価格例(iPhone5sの場合)
ガラス:6,800円~
ボタン類:3,500円~
水没修理:2,000円~
(※アプリ割適用時の価格)

キャッスル

修理価格例(iPhone5sの場合)
ガラス:8,000円
ボタン類:5,000円
水没修理:7,000円
キャッスルの画像

スマートリペア

スマートリペアの画像
修理価格例(iPhone5sの場合)
ガラス:9,800円
ボタン類:6,500円
水没修理:6,500円