おすすめ各社のiPhone5sの修理費用早見表

修理業者名 ガラス ボタン類 コネクター 水没復旧 バッテリー
スマホスピタル 6,800円〜
(アプリ割)
3,500円〜
(アプリ割)
3,500円〜
(アプリ割)
2,000円〜
(アプリ割)
3,000円〜
(アプリ割)
キャッスル 8,000円 5,000円 5,000円 7,000円 5,500円
スマートリペア 9,800円 6,500円 6,500円 6,500円 4,500円
iPhone修理王 9,800円 5,800円 5,800円 17,800円 6,800円
リンゴ屋 10,800円 7,200円 7,200円 10,000円 5,050円
大阪の頼れるiPhone修理業者ランキング » iPhoneが壊れたら~知っておきたい6つのこと~ » バックアップは取るべき?

バックアップは取るべき?

iPhoneを修理に出す際、気になるのがデータの扱いです。ここでは、画面修理などをするときに、収納されているデータがどのように扱われているかを見て行きましょう。

基本的にiPhoneを修理に出したらデータは消える

まず、iPhoneの修理について知らなくてはいけないこととして、アップルストアや携帯ショップに頼った場合は、データが消える可能性が高いことがあります。

これは個人情報保護の観点から、修理の過程でデータを初期化してしまうため。

というわけで、iPhoneを修理に出す前には、自分自身でデータのバックアップをとっておかなくてはならないのです。

iPhoneのバックアップ方法は、iCloudを使う方法とiTuneを使う方法があります。iCloudとはアップルが提供するWebサービスで、ネットワーク上のストレージにデータを保存することができます。

iPhoneをWifiネットワークに接続し、「iCloudバックアップ」を使えば、非常に簡単にデータのバックアップをとることができます。

ただし、一部の音楽、写真データはバックアップできない、iCloudの空き容量分しかバックアップできないという注意点があります。

一方、iTuneを使うと、PCに空き容量があれば、iCloudと比較して、ほぼ完全にiphoneをバックアップできます。Lightning ケーブルを使ってiPhone とPCをつなぐとiTunes が自動的に起動し、同期ボタン1つでバックアップを取ることが可能です。

データを消さないでiPhoneを修理するには

データを消さないでiPhoneを修理する手段としておすすめなのが、法整備なども整い、注目を集め始めたスマホ修理業者に頼ることです。

街にあるスマホ修理業者は、基本的に「壊れた部分だけ」を取り替えますから、保存されているデータが消えることがありません。

フロントガラス、バッテリー、ホームボタン、近接センサーなど、不具合のある部品だけが交換されて、中のデータはそのまま返ってきます。

修理に出す前にiPhoneのバックアップをとったり、戻ってきたiPhoneをPCにつない復元作業をしたりという、手間隙は一切不要です。

保証が効かなくなるというデメリットがありますが、手続きの手間や修理スピードを考えると、町の修理業者に頼ったほうが断然楽ができることでしょう。

iPhoneユーザーが抱える悩み

現代の生活に欠かせないアイテムとなっているスマートフォンは、大人だけでなく中高生の必須アイテムにもなっています。更には小学生もスマートフォンを自由に操作できる環境にあるなど、男女年齢を問わず広く普及しています。もちろん高齢者でもスマートフォンを所有する方は増えていて、孫や子供とのコミュニケーションツールとして重宝しています。

その中でも特に人気があり支持されているのがiPhoneです。アップル社から販売されているiPhoneは、スタイリッシュな印象でカラー展開が豊富なだけでなく、抜群の使いやすさや高性能な品質が維持されたスマートフォンとなります。最近機種が販売される時には、各店舗に行列ができるなど、社会現象を巻き起こします。

しかしアップル社は海外に本社を構える企業ですので、何か困った事やトラブルが合った場合には、販売するキャリアでは解決できないこともあります。iPhoneを使う人の悩みとなる一つであるアップル本社との連携は、キャリア選びだけでなく機種選びにも影響しそうです。

使用頻度が高いほど故障のリスクは高まる

今現在の生活の中で、iPhoneを始めスマートフォンを使用する方の中には、一日中電源を入れたまま常に何かにアクセスしている状態を維持している場合も多いでしょう。外出先での信号待ちや電車の中など、常にスマートフォンを使用する人々の光景は、既に日常化してしまっています。最近では充電切れを心配する方むけに、出先でも電源切れを気にせずスマートフォンを使用できるアイテムなど、スマートフォン市場は経済効果にも大きく貢献する働きがあります。

使用頻度が高いことで本体の様々な部品が消耗しやすいということに加えて、落下や衝突などで本体そのものを破損させてしまうリスクも当然高まります。特に大阪や東京と言った都市部では、人込みで使用することで手元が狂ってスマートフォンを落してしまうなどというトラブルにあう可能性が高く、故障しやすいのは良く使用する方でしょう。カバーなどがあることから、外側の損傷は免れることが多いですが、画面が前面に出ているスマートフォンは外での使用時には十分注意した方が良いでしょう。

生活必需品のスマホは修理代に確保をしておく

スマートフォンを使用する時に良く問題になる通信費は、格安スマホの登場と共に大手キャリアでも値下げ合戦が続くなど、工夫次第で賢く節約できるようになりました。しかしスマートフォンは本体価格や毎月の通信費だけではなく、万が一の時に備えて修理代を確保しておくと安心です。iPhoneを始め多くのスマートフォンには商品保証や保険が用意されていますが、購入先で修理をしないと保険が使えないなどの縛りが多いものがあります。

しかし最近は、素早く対応できるように部品なども充実して取り揃えている修理専門店なども増えているiPhoneは、毎月保険料を納めるよりも修理代として費用を確保しておいた方が安心です。修理が終わるまでに数日かかることが多いキャリアの販売店よりも、即日対応が多く場合によってはその場ですぐに治してもらえるなど、時間が掛かる販売店よりも専門店を利用した方が早く問題が解決できるかもしれません。

故障しないことが一番良いのですが、使用頻度が高い方は特に様々なリスクを想定しておくと良いでしょう。

容量が多い分だけ情報が蓄積されているスマホの実態

スマートフォンは様々なことができるため、撮影した写真や動画だけでも膨大な分量が情報として蓄積されているはずです。普段使用している時には問題ないですが、急な故障やトラブルによって、全ての情報が消去されてしまう緊急事態を招かないとは言い切れません。

小さな機械であるスマートフォンですが、多くの方が容量に様々な情報を凝縮させて保管しているはずです。中には消去するのを忘れているだけの写真などもあるかもしれませんが、その一方で絶対に保存しておきたい情報などもあるでしょう。

しかし大切な情報は大切に保管することも重要で、その為には定期的にバックアップをして、適切な情報の管理をすることをおすすめします。

そもそもバックアップって何?

バックアップという言葉自体は聞いたことが合っても、実際におこなったことがない場合には想像がつかないかもしれません。

バックアップとは、情報の移行を目的として、iPhoneなどのスマートフォンに入っているあらゆる情報をそのまままとめて別のメディアなどに保管させることです。万が一スマートフォンを故障させてしまった場合や、水没によって使用が不可能になった場合でも、思い出の写真や大好きなアーティストの楽曲を事前に守っておくことができます。

専門家でないとできない印象があるiPhoneのバックアップですが、やり方や手順などの詳しい方法を知るだけで誰でも簡単に進められます。

バックアップの必要性

では、バックアップはそれほど重要なものなのでしょうか。実際に困った経験がある方の多くは、バックアップをしておいて良かったという意見が多く、バックアップをしておけばよかったと後悔する方も沢山います。

確かに難しいイメージや面倒な作業である印象ですが、慣れてしまえば短時間でできる作業です。iPhoneは機械ですので100%全てが保証できるものでもありません。自分でできる対策は普段から行っておきますと、プライベートでの写真や動画だけでなく、ビジネスで使用する大事な情報を適切に管理することができますので、仕事で周囲に迷惑をかけてしまうリスクを事前に回避できます。

バックアップの方法は、インターネットなどで調べることもできますが、どうしてもわからない場合は、本体を購入した販売店へ足を運んで教えてもらうこともできます。次の項で、自力でバックアップを行う時に必要な手順を紹介します。

知っておきたいバックアップの方法

実際に自分でバックアップをする場合にはどのようすると良いのでしょう。

まずは自分が普段使用しているiPhoneを用意します。ここでバックアップの仕方が二つに分類されますので、自分に合っている方法を選びましょう。一つはパソコンに保管する方法です。自宅にパソコンがある方は、アップル社が提供するサイトであるiTunesを利用して大切なデータを管理することができます。

もう一つは、自宅にパソコンがない場合やパソコンにはバックアップしたくない方におすすめめできる方法で、同じくアップル社が提供するiCloudを起動させてバックアップをすることが可能です。

どちらも安全に大切な情報を管理できる方法ですので、自分がやりやすい方法を選びますと、いざバックアップしてある情報を抜き出したい場合や、上書き保存をして更に追加してバックアップしたい時に役立ちます。

やはり修理前のバックアップは大事

バックアップが役立つのは日常での非常事態だけではなく、修理依頼をする時に修理先へiPhoneなどのスマートフォンを預ける際に役立ちます。修理の仕方や修理内容が異なる場合でも、多くは中に入っている情報を一度削除して修理する可能性が高く、機器の中に保存された内容が全て抹消されることが多いようです。

しかし修理内容によっては、中の情報を維持した状態で故障を直すこともできますが、念の為にバックアップをしておいた方が安心です。また修理をする側の販売店や修理専門店も、後になってトラブルになることを回避するために事前にバックアップをしてあることを確認するケースがほとんどです。

普段の使用時でも大切な保険となるバックアップですが、修理を依頼する場合には済ませておくと安心です。

信頼性◎!大阪で評判のiPhone修理業者3選

 

スマホスピタル

スマホスピタルの画像
修理価格例(iPhone5sの場合)
ガラス:6,800円~
ボタン類:3,500円~
水没修理:2,000円~
(※アプリ割適用時の価格)

キャッスル

修理価格例(iPhone5sの場合)
ガラス:8,000円
ボタン類:5,000円
水没修理:7,000円
キャッスルの画像

スマートリペア

スマートリペアの画像
修理価格例(iPhone5sの場合)
ガラス:9,800円
ボタン類:6,500円
水没修理:6,500円