おすすめ各社のiPhone5sの修理費用早見表

修理業者名 ガラス ボタン類 コネクター 水没復旧 バッテリー
スマホスピタル 6,800円〜
(アプリ割)
3,500円〜
(アプリ割)
3,500円〜
(アプリ割)
2,000円〜
(アプリ割)
3,000円〜
(アプリ割)
キャッスル 8,000円 5,000円 5,000円 7,000円 5,500円
スマートリペア 9,800円 6,500円 6,500円 6,500円 4,500円
iPhone修理王 9,800円 5,800円 5,800円 17,800円 6,800円
リンゴ屋 10,800円 7,200円 7,200円 10,000円 5,050円
大阪の頼れるiPhone修理業者ランキング » iPhoneが壊れたら~知っておきたい6つのこと~ » まず何をすべき?

まず何をすべき?

アイフォンが壊れた際、まず最初に行いたい対処法をまとめました。

ケース別・アイフォンが壊れた場合の対処法

<Case.01>ガラス割れ(ディスプレイガラスの破損)
落下させてしまった拍子に、ガラスにヒビが入ってしまうのは、アイフォンの故障でも最も多いケースです。保護フィルムを貼っていれば飛び散ることはありませんのでひとまずは良しとしましょう。
フィルムを使っていない場合はセロテープなどを巻いて、いったんの応急処置をすることができます。
いずれにしろ、そのまま使い続けると表面のガラスだけでなく、液晶パネルの破損にもつながりますので、早めに修理業者に依頼する必要があります。
<Case.02>ホームボタンの無反応
ホームボタンは最も頻繁に使うボタンですから、トラブルも多くなります。速やかに修理に出す必要がありますが、ホームボタンが聞かなくても、
どうしてもアイフォンが使いたいという時のために、次の方法を教えておきましょう。
iOS5.0以降の機能ですが、AssistiveTouch機能を使うと、ホームボタンの代わりをつくることができます。
ホーム画面上に白い丸のマークのアイコンがあれわれ、それをタップすると、
画面上にホームボタンが表示され、ホームボタンと同様の操作ができるようになります。
設定方法は「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「AssistiveTouch」でオンにします。
ホーム画面上に出た、白い丸のマークのアイコンをタップすると、画面上にホームボタンが表示されます。
<Case.03>水没
アイフォンを水没させてしまったら、なにはともあれ迅速に応急処置を行う必要があります。
まずは水からアイフォンを引き上げて、電源が入っているなら電源をOFFにします。
また、電源が切れている場合は、絶対に電源を入れてはなりません。

次に、本体からカバー、イヤホンなどの付属品をはずし、表面やコネクタなどの隙間に入った水分をふきとります。
そして、本体の脇からSIMカードを取り出します。SIMカードを取り出す際は、ケース内に入っているクリップ上の金具か、なければクリップを使用してもOK。SIMカードは小さいため、紛失しないように気をつけてください。
次に、イヤホン端子やコネクタなどの隙間に入った水をティッシュで吸い取り、乾燥させます。

アイフォンをティッシュでつつみ、乾燥材と一緒に、ジップロックに入れて、ほんのりと暖かい環境に置いておきます。この時、くれぐれも直射日光は避けなくてはいけません。CPUの稼働で発熱するPCの上などがオススメです。

そして4日・5日経過したところで、電源を入れてみます。この時に復活すれば、万々歳です。
しかし、一度水没したアイフォンは、不安定な状態にありますから、すぐにバックアップをとっておきましょう

画面がフリーズ!故障かなと思ったら試したいセルフチェック4つ

iphoneを持つ女性

iPhoneの画面がフリーズしたり、電波のある場所でも急に圏外になってしまったり。

「故障かな?」と思ったときに、修理業者に持っていく前に試してみたいセルフチェックをご紹介します。

 

1.iPhoneの設定やiOSソフトウェアのバージョンを確認する

まずはiPhoneの設定やiOSソフトウェアのバージョンを確認してみましょう。

電波のある場所でも圏外になっていたり、メールの送受信ができないのはiPhoneの設定によるものかもしれません。また、iOSのバージョンが最新でない場合、アプリが正常に使用できなかったり、フリーズしてしまうこともあります。

機内モードになっていないか確認

機内モードが設定されていないかをチェックしてみましょう。

機内モードは電波を受信しない機能で、「設定」でON/OFFを切り替えられます。OFFだった場合、一度ONにして、5秒後にOFFすると電波が回復することがあります。

iOSソフトウェアのバージョンを確認

「設定」→「一般」→「情報」→「バージョン」を確認します。

通常は新しいバージョンがリリースされると、自動的にダウンロードされアップロード通知が届きます。最新バージョンはAppleのサイトで確認できます。2017年11月10日時点で最も新しいバージョンはiOS 11.1.1です。(古い機種は除く)

iOSソフトウェアを最新のバージョンにアップデートする

iOSソフトウェアのアップデートはWi-Fi環境でなければできません。

「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」→「ダウンロードとインストール」をタップし、パスコード設定をしている場合はパスワードを入力します。

利用条件に同意後、ダウンロードが開始します。「今すぐインストール」をタップすると「アップデートを検証中…」と表示され、アップデートが始まります。Wi-Fi環境によって20分~数時間かかることがあるので、時間に余裕があるときに行うことをおすすめします。

2.再起動してみる

立ち上げているアプリをすべて終了させ、iPhoneの電源をOFFにしてから再起動してみましょう。

電源OFFと再起動の方法

スリープボタン(iPhone Xの場合は、スリープボタンと上下いずれかの音量ボタン)をスライダが表示されるまで長押しします。スライダをスワイプするとiPhoneの電源が切れます。スリープボタンの位置は、iPhone 5s以前の機種では上部にありましたが、それ以降の機種では画面の巨大化に伴い、指が届くように右の側面に変わりました。

また、iOS 11からは「設定」→「一般」→「システム終了」とタッチ操作でも、電源を切ることができるようになりました。

再起動は、スリープボタンのみをアップルマークが表示されるまで長押しします。

AssistiveTouchを利用した再起動

対処法<Case.02>ではホームボタンの代わりにもなるAssistiveTouchをご紹介しましたが、iOS 11から再起動の機能も加わり、「ワンタップによる再起動」が可能になりました。

「AssistiveTouch」設定画面のカスタムアクションで、「シングルタップ」→「再起動」にチェックを入れます。AssistiveTouchの白いボタンをタップすると、再起動選択画面が表示されるようになります。アクションはワンタップだけでなく、「ダブルタップ」「長押し」でも設定することもできます。アクションによってAssistiveTouchを使い分けると便利です。

3.USIMカードを挿し直してみる

再起動しても不具合が改善されない場合は、USIMカードを挿し直してみましょう。

USIMカードの挿し直し方

USIMカードを挿し直す際は、必ずiPhoneの電源をOFFにして行います。

付属のSIM取り出しツールを本体側面にあるSIMトレイの穴に挿し込み、カードを取り出します。カードとトレイの向きを確認して、再び本体に押し込みます。付属のSIM取り出しツールを紛失してしまった場合、伸ばしたクリップを使用してもよいでしょう。

4.強制的に再起動する

それでもフリーズしたままであったり、画面が真っ黒で電源が入らない場合、強制的に再起動する方法があります。やり方は機種によって異なります。

iPhone 8およびiPhone 8 Plus

音量ボタンを「上」→「下」の順に押してから、スリープボタンをアップルマークが表示されるまで長押しします。

iPhone 7およびiPhone 7 Plus

音量ボタン「下」とスリープボタンを同時にアップルマークが表示されるまで長押しします。

iPhone 6s以前

ホームボタンとスリープボタンを同時にアップルマークが表示されるまで長押しします。

信頼性◎!大阪で評判のiPhone修理業者3選

 

スマホスピタル

スマホスピタルの画像
修理価格例(iPhone5sの場合)
ガラス:6,800円~
ボタン類:3,500円~
水没修理:2,000円~
(※アプリ割適用時の価格)

キャッスル

修理価格例(iPhone5sの場合)
ガラス:8,000円
ボタン類:5,000円
水没修理:7,000円
キャッスルの画像

スマートリペア

スマートリペアの画像
修理価格例(iPhone5sの場合)
ガラス:9,800円
ボタン類:6,500円
水没修理:6,500円