おすすめ各社のiPhone5sの修理費用早見表

修理業者名 ガラス ボタン類 コネクター 水没復旧 バッテリー
スマホスピタル 6,800円〜
(アプリ割)
3,500円〜
(アプリ割)
3,500円〜
(アプリ割)
2,000円〜
(アプリ割)
3,000円〜
(アプリ割)
キャッスル 8,000円 5,000円 5,000円 7,000円 5,500円
スマートリペア 9,800円 6,500円 6,500円 6,500円 4,500円
iPhone修理王 9,800円 5,800円 5,800円 17,800円 6,800円
リンゴ屋 10,800円 7,200円 7,200円 10,000円 5,050円
大阪の頼れるiPhone修理業者ランキング » iPhoneが壊れたら~知っておきたい6つのこと~ » キャリア(au/ドコモ/ソフトバンク)

キャリア(au/ドコモ/ソフトバンク)

iPhoneの修理を携帯キャリア( au/ドコモ/ソフトバンク)に依頼した場合の対応やサポートについて紹介します。

各携帯キャリアによるiPhone修理の特長

各社の保証サービスを利用することで、故障時の金銭的負担は軽減されます。

以下に、各社のiPhone故障の保証制度を簡単にまとめまてみました。

<auの場合>

Apple社による保証サービス「AppleCare+」(初回/月額150円、2~24回目/550円)があります。オプションとして、紛失補償オプション(月額702円)を利用することができます。

この保証が付いていると、紛失や盗難などがあってiPhoneを再購入しなくてはいけなくなった場合、「再購入補償金」として23,148円を支払ってもらうことができます。

また、auスマートパス(月額情報料372円の会員制度)への加入を条件に提供される、「修理代金サポート」が受けられます。ほか、水漏れやその他の有償修理に対し、最大7,800円(税込)×年2回のお見舞金が支払われます。

<ドコモの場合>

ドコモではiPhoneを対象とした独自のアフターサポートとして「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」というプログラムを提供しています。

このサービスに加入しておけば、iPhoneにトラブル(水濡れ・全損・紛失・盗難・破損・故障・購入から1年を超えた自然故障)があった場合、携帯補償お届けサービスセンターに電話すると、交換機を2日以内に指定の住所に送ってもらうことができます。

サービス利用料金は、7,500円/年間で、月額料金が600円(iPhone 5cは500円)で、1年間に2回まで利用できます。

<ソフトバンクの場合>

「安全保障パック」(月額料金500円)が用意されています。これは、アップルストアや正規サービスプロバイダー、Appleによるピックアップ&デリバリーサービスを利用して修理した際の代金を一部還元するというサービスです。

修理代金の85%以上を、月々の利用料金から割引してもらうことができますが、「故障、破損、水濡れ」に限られ、「全損・盗難・紛失」の場合は保証の対象外となりますから注意する必要があります。

しかし、いずれのキャリアにおいても、じっさいの修理はAppleに依頼することになるため、修理が終わるまでに日数を要してしまうのが難点です。

このため、一刻もはやく直したい場合は、町の修理専門業者を頼るというのも手。ほぼ即日で直してくれる上、最近は料金も下がっているので、検討してみるとよいでしょう。

信頼性◎!大阪で評判のiPhone修理業者3選

 

スマホスピタル

スマホスピタルの画像
修理価格例(iPhone5sの場合)
ガラス:6,800円~
ボタン類:3,500円~
水没修理:2,000円~
(※アプリ割適用時の価格)

キャッスル

修理価格例(iPhone5sの場合)
ガラス:8,000円
ボタン類:5,000円
水没修理:7,000円
キャッスルの画像

スマートリペア

スマートリペアの画像
修理価格例(iPhone5sの場合)
ガラス:9,800円
ボタン類:6,500円
水没修理:6,500円