おすすめ各社のiPhone5sの修理費用早見表

修理業者名 ガラス ボタン類 コネクター 水没復旧 バッテリー
スマホスピタル 6,800円〜
(アプリ割)
3,500円〜
(アプリ割)
3,500円〜
(アプリ割)
2,000円〜
(アプリ割)
3,000円〜
(アプリ割)
キャッスル 8,000円 5,000円 5,000円 7,000円 5,500円
スマートリペア 9,800円 6,500円 6,500円 6,500円 4,500円
iPhone修理王 9,800円 5,800円 5,800円 17,800円 6,800円
リンゴ屋 10,800円 7,200円 7,200円 10,000円 5,050円
大阪の頼れるiPhone修理業者ランキング » iPhoneが壊れたら~知っておきたい6つのこと~ » 修理はどこに頼めばいい?

修理はどこに頼めばいい?

iPhoneが故障した場合の修理を、なんとか安く済ませる方法はないか調べています。ここでは、主だった手段とそれぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

iPhoneが故障した時に頼りたい3つの業者

iPhoneの修理は、iPhone修理の専門業者、各通信キャリア、アップルストア(apple直営の販売、技術サポート拠点)、という3つのルートで依頼することができます。

以下に、それぞれのメリット・デメリットをまとめてみます。

iPhone修理の専門業者に修理を依頼するメリット・デメリット

メリット デメリット
店頭に持ち込めば、数十分~数時間で即日修理してくれる。
修理に必要な部分しか触らないので、iPhoneに納めた音楽、写真、連絡先データ、アプリなどは、そのまま。自分でバックアップする必要がない。
正規の部品にこだわらないのでアップルストアの半額以下で修理できる。
×Apple以外の業者がiPhoneをあけた時点で正規サポートは受けることができなくなる。
×技術力を持っている業者を自分でみつけないといけない。(素人レベルの修理業者も混在している)

専門業者のiPhone修理について詳しく>>

携帯キャリアに修理を依頼するメリット・デメリット

メリット デメリット
au/ドコモ/ソフトバンクといった各社の保証サービスが利用できる。 ×各社のルールに基づく保証範囲となるため、補償を受けられる回収や金額、保証対象に限りがある。
×修理自体はアップルに依頼することになるため、日数を要してしまう。
×iPhoneに納めた音楽、写真、連絡先データ、アプリなどは、自分でバックアップしておかないと消えてしまう。

各キャリアのiPhone修理について詳しく>>

アップルストアに修理を依頼するメリット・デメリット

メリット デメリット
正規の部品を使って修理・交換をしてくれるので、品質が信頼できる。
正規の補償サービス「AppleCare+」に加入していれば、比較的安く修理してもらえる。
×正規の部品を使うため、値段が高い、ディスカウントはしてくれない。
×アップルストアのGenius Bar(ジーニアスバー)でのサポートを受ける場合などを除くと、即日の修理はしてくれない。
×店舗は、主に都市部にしかなく混雑しているため、利用しづらい。
×iPhoneに納めた音楽、写真、連絡先データ、アプリなどは、自分でバックアップしておかないと消えてしまう。

アップルストアのiPhone修理をもっと詳しく>>

修理依頼の流れ

故障したiPhoneを修理する場合、「店頭持込」と「郵送修理」のどちらかを選ぶことになります。それぞれの修理依頼から完了までの流れを確認しておきましょう。

店頭持込の場合

  1. 故障したiPhoneをお店に持ち込む
    予約が不要なことが多いですが、事前に故障内容を伝えておくと修理完了までの時間が早まります。修理を依頼する際は事前にバックアップを取っておきましょう。
  2. 修理内容の確認・見積もり
    修理が可能かどうかの確認と、料金の見積もりをしてもらいます。見積もりを確認して実際に修理してもらうか判断することが可能です。また、多くの店舗では見積もりに費用はかかりません。
  3. 修理依頼・待機
    すぐに修理してもらえる場合は近くで待機することも可能です。長時間かかる場合、店舗によっては代わりのiPhoneのレンタルサービスも行っています。
  4. 修理完了・iPhone受け取り・支払い
    修理動作の確認をしてからiPhoneを受け取って支払いを行います。一般的には、現金払いやクレジットカード払いを選択することが可能です。

郵送修理の場合

  1. メールまたは電話で修理の見積もりを行う
    多くの業者では、公式サイトでフォーマットが用意されています。端末の種類・故障部位・故障期間などを伝えることで、修理費用の見積もりがメールなどで送られてきます。また、iPhoneレンタルなど付随サービスを利用する際もこの段階で伝えることが多いです。
  2. iPhoneを郵送する
    修理してもらう場合には、名前・返送先住所・連絡先などを記載してiPhoneを郵送します。指定された配送方法で送る場合もありますが、店舗によっては配送業者が梱包材を持って集荷に来てくれる場合もあります。配送費用は依頼した店舗によって異なります。
  3. 修理完了・iPhoneを返送してもらう
    修理が完了するとiPhoneが返送されてきます。多くの場合、メールなどで修理完了の連絡を事前に受け取ることができます。支払いは代金引換かクレジットカード払いとなります。

それぞれの修理依頼の特徴

店頭持込は、配送の手間がかからないため、修理依頼から受け取りまでの時間が短くなる可能性があります。また、配送料もかからないため修理にかかる費用が安くなります。修理後は、その場で故障部位の動作を確認することができるため、再び修理に出さなければいけないという不安はありません。

一方で、配送修理の場合は自宅にいながら手続きを全て済ませることができるため、持込のための時間が取れない人におすすめの方法です。

業者による違い

依頼する業者によっては、持込修理と配送修理のどちらか一方しか対応していないこともあります。たとえば、ドコモ、au、ソフトバンクといった携帯キャリアでは、特定の店舗を除くと原則としてiPhoneの持込修理に対応していません。配送修理の場合も、修理自体はアップルが行うため、修理が完了して手元に届くまで日数がかかります。修理中の代替機のレンタルであれば携帯キャリアの各店舗で行うことが可能です。

専門の修理業者に依頼する場合は、業者によっては持込修理に対応していないことがあります。配送方法も異なり、集荷に来てくれるケースもあれば自分で梱包して郵送するケースもあります。修理箇所によっては事前にデータをバックアップする必要がないことも多いです。業者自体は非正規ということから、修理完了後のクオリティに差があるため、実績のあるお店を選ぶ必要があります。

アップルストアでは、持込修理と配送修理のどちらも対応しています。正規店なので最も信頼性はありますが、費用が高く即日修理などは行ってくれません。

信頼性◎!大阪で評判のiPhone修理業者3選

 

スマホスピタル

スマホスピタルの画像
修理価格例(iPhone5sの場合)
ガラス:6,800円~
ボタン類:3,500円~
水没修理:2,000円~
(※アプリ割適用時の価格)

キャッスル

修理価格例(iPhone5sの場合)
ガラス:8,000円
ボタン類:5,000円
水没修理:7,000円
キャッスルの画像

スマートリペア

スマートリペアの画像
修理価格例(iPhone5sの場合)
ガラス:9,800円
ボタン類:6,500円
水没修理:6,500円