おすすめ各社のiPhone5sの修理費用早見表

修理業者名 ガラス ボタン類 コネクター 水没復旧 バッテリー
スマホスピタル 6,800円〜
(アプリ割)
3,500円〜
(アプリ割)
3,500円〜
(アプリ割)
2,000円〜
(アプリ割)
3,000円〜
(アプリ割)
キャッスル 8,000円 5,000円 5,000円 7,000円 5,500円
スマートリペア 9,800円 6,500円 6,500円 6,500円 4,500円
iPhone修理王 9,800円 5,800円 5,800円 17,800円 6,800円
リンゴ屋 10,800円 7,200円 7,200円 10,000円 5,050円
大阪の頼れるiPhone修理業者ランキング » iPhoneが壊れたら~知っておきたい6つのこと~ » 修理に出す前にiPhoneの保証サービスをチェック

修理に出す前にiPhoneの保証サービスをチェック

iPhoneが故障してしまったとき、すぐに修理に出したいところですが、ひょっとしたら保証サービスで修理できるかもしれません。どのような保証サービスがあるかチェックしてみましょう。

iPhone無償サポートについて

Apple製品の1年間の限定保証

製品に問題があった場合、購入から1年以内であればiPhone本体や付属のアクセサリの保証をしてもらえるサービスです。

あくまでも製品に問題があった場合に適用される保証なので、iPhone本体の使用によるバッテリーの摩耗などには適用されません。

購入から90日以内の無償電話サポート

ソフトのインストールや基本設定、組み立て、接続について電話で問い合わせや相談ができる電話サポートです。

購入から90日間は無制限でこのサポートを受けられるので、製品について不明な点はこの機会に聞いておきましょう。

iPhone 6sをお持ちの方は要チェック!適用対象であれば無償交換が可! 

2015年9月から10月の間に製造された「iPhone 6s」の中で、突然電源がシャットダウンする物があると認識されており、Apple社は無償交換プログラムを行っています。

Apple社の公式ホームページの「サポート」において、シリアルナンバーを入力するとプログラムに該当するiPhone 6sか調べられるようになっています。

該当する場合は無償交換してもらえるので、iPhone 6sにトラブルが発生した場合はこのプログラムに該当するかチェックしてください。

iPhone有償サポートについて

バッテリーのトラブル

製品上、何らかの欠陥がありバッテリーの交換が必要、購入から1年以上経っている場合は8,800円で交換してもらえます。

ただし、「AppleCare+ for iPhone」に加入しており、保証期間内の場合、バッテリーの消耗が本来の80パーセント未満となった時点で無償交換してもらえます。

画面のトラブル

製造上、何らかの欠陥があり画面にトラブルが発生した場合、有償で修理してもらうことができます。

機種 修理料金 AppleCare+ for iPhone加入時の修理料金(目安)
iPhone 6/Phone SE 14,800円 3,400円
iPhone 8/iPhone 7/iPhone 6s/iPhone 6 Plus 17,800円 3,400円
iPhone 8 Plus/iPhone 7 Plus/iPhone 6s Plus 19,800円 3,400円

修理費用はiPhoneの状態によって異なります。

また事故や過失の場合は修理対象外ですので、ご注意ください。

その他のトラブル

本体の画面やバッテリー以外の部分にトラブルが発生した場合や、イヤホンや充電器、ケーブルなどアクセサリにトラブルが発生した場合、保証期間外や事故、過失による破損は以下の修理費用が必要です。

機種 修理料金 AppleCare+ for iPhone加入時の修理料金(目安)
iPhone SE 30,800円 11,800 円
iPhone 6s Plus/iPhone 6 Plus/iPhone 6s/iPhone 6 36,800円 11,800 円
iPhone 8/iPhone 7 Plus/iPhone 7 38,800円 11,800 円
iPhone 8 Plus 43,800円 11,800 円

保証期間内であれば無償で修理してもらえます。

AppleCare+ for iPhoneって何?

iPhoneをはじめApple社の製品には、「1年間の限定保証」と「購入から90日以内の無償電話サポート」があるとご紹介しました。

iPhoneにはこのほかに有償のサポート「AppleCare+ for iPhone」があります。

これは「1年間の限定保証」と「購入から90日以内の無償電話サポート」を2年間に延長できるサポートです。

「AppleCare+ for iPhone」に加入することで、事故や過失でiPhoneが破損してしまった場合も最大2回まで安く修理できるため、多くの方がiPhone購入時に加入している人気の保証サービスです。

iPhone購入時に加入していなくても購入をしてから30日以内なら、公式サイト上から加入することができます。

選べる修理オプション

修理や交換の際、商品を配送して修理してもらう、または直接お店に持ち込んでオプションを選ぶことができます 

配送修理の場合はオンラインや電話で、持ち込み修理の場合はApple Store直営店などに予約をしてから持ち込みます。

修理に出す際は、個人データを保護するためにバックアップを行い、初期化してデータを消去してください。

iPhoneの状態にもよりますが、1週間程度で修理は完了します。 

iPhoneにはさまざまな保証サービスがあるので、修理に出す前に適用できるものがあるか、チェックしてください。

携帯大手キャリア三社で取り扱いされるiPhone

若者だけでなく子供やシニア層にまで普及するスマートフォンは、多くの方が利用する機器となっています。キーボードでの文字入力などが上手くできない若者が増えるなど、パソコン離れが懸念される現代では、スマートフォンを使ってインターネットで世界中と繋がることができます。

その中でも利用者が多いiPhoneは、見た目のデザイン性だけで支持されているわけではありません。もちろん早いサイクルで最新機種が次々と販売される点も大きな魅力ですが、機能性を兼ね備えた本体そのものの内容が多くの利用者を惹き付けます。

そして何よりも携帯大手キャリア三社で取り扱いされていると点も大きく、安心して使用できる安全性が維持されたスマートフォンとして、更に市場が拡大する可能性が高まっているのがiPhoneです。

各社が多くのユーザーを満足させるサービスを展開

携帯大手キャリア三社で取り扱いされているiPhoneですが、どこの販売店で購入しても同じ物が買えるということになります。つまりどこで買っても同じということにもなり兼ねませんので、それぞれが競争を兼ねたサービス合戦を展開することになります。

現在多くのユーザーを抱える携帯大手キャリア三社ですが、通信費用を抑えられるプランの紹介を始め、キャリア変更する方を増やすと共に、他へ移動されないように長く利用する方へのサービス支援も充実しています。

iPhoneは携帯大手キャリア三社のどこでも購入できますが、その後使用する際のサービスの違いを良く比較してから購入先のキャリアを決めるのがおすすめです。

どんなふうに決める?ユーザーのキャリア選び

仮にiPhoneを購入するとなった場合、利用者はどのようにしてキャリアを決めるのでしょう。

最近携帯大手キャリア三社が共に力を入れているのが家族同士での割引です。つまり夫婦で同じキャリアを選んでお得に使用することで、その後子供がスマートフォンを購入してiPhoneユーザーになった場合にも、同じキャリアを選択して更にお得に利用できる家族間での割引が実施されます。このように、家族で賢く利用できる点は選ばれる理由となります。

またスマートフォンはインターネットにつないで使用することが多いので、通信環境を充実させても大きな出費にならないようなプランが揃っているキャリアが、利用先として選ばれるようです。また通常の携帯電話時代からずっと同じキャリアで、長く使用する方も珍しくありません。そのような一途に使用するユーザーも長期契約の割引度合いが高くなるなど、使用開始から日が浅い方に比べてお得に利用できるサービスも展開されています。各社の状況を良く比較してiPhoneの購入先を決めましょう。

壊れた時の依頼先はどこ?

スマートフォンを日常的に操作して持ち歩く方が沢山いますが、使用頻度が高いことと比例するのが故障のリスクです。もちろんあまり操作しない方でも簡単に壊れてしまうような状況もありますが、やはり使用頻度が高いことで内蔵されている部品も劣化しやすく、また外部からの衝撃を受けやすいので画面が割れるなどの可能性が高まります。

家の中でも危険個所は多いですが、外出先では特に注意をして取り扱う必要があります。多くの人が行き交う大阪や東京などの街中ですと、手にスマートフォンを持った状態で歩いているだけでも十分危険です。コンクリートにスマートフォンの画面をたたきつけてしまうなどのトラブルや、トイレに水没させるなど、気を付けなければいけないポイントが沢山あります。

仮にiPhoneなどのスマートフォンが壊れた場合には、購入した販売店や修理専門店などを利用すると良いでしょう。急いでいる場合には修理専門店へ依頼しますと、即日対応ですぐに修理してもらえます。特にiPhoneのように利用者が多い機種の場合、部品がしっかり揃っている可能性が高く、素早い対応が実現します。しかし一方で販売店へ依頼しますと、修理を専門に行っているわけではないので、即日対応が難しくなります。

壊れたときには、依頼先についても良く考えた方が良いかもしれません。

iPhoneの修理依頼で多い内容とは

使用頻度の高さや長く同じ機種を使っていることによる劣化など、様々な理由でスマートフォンは故障をしてしまいます。精密な機械であることも故障しやすい理由の一つで、使っている方の生活環境や取り扱い方など、色々な理由が重なってある日突然起動しなくなるなどのトラブルが発生します。

しかしiPhoneなどのスマートフォンは、機械の中が壊れるだけではありません。液晶画面が割れてしまうことや衝突した影響で画面が黒くなってしまうほか、ボタンなどの部品が取れてしまうなど様々な故障があります。

中には修理した方が良い本体状況のまま使用を続ける方もいますが、少しでも不都合がある場合には、早めに直してしまった方が、更に違う修理のしづらい故障に繋がるなど二次被害の危険性がなくなります。

なくてはならないスマホは即修理できるのが条件

生活必需品となっているスマートフォンは、すぐに修理してもらえることが理想です。修理中には代用品としてスマートフォンをレンタルできるサービスを展開する販売店や修理専門店もありますが、やはり自分の機器でないと落ち着かないはずです。

故障しないことが一番の理想ですが、できれば早く修理が完了して自分の手元にiPhoneなどのスマートフォンが利用できるようになる環境で修理を進めましょう。

そのためには万が一に備えて自分のスマートフォンの保証サービスや、修理の依頼先を探して費用をある程度理解しておくと、普段から安心して使用することができます。

携帯大手キャリア三社のiPhoneの保証サービスを知ろう

保証サービスは携帯大手キャリア三社もそれぞれに展開していて、販売店としてiPhoneを取扱うのではなく、修理や故障などの保証にも対応しています。

まずドコモでは、月々750円でiPhoneユーザー向けのケータイ補償サービスを展開しています。1年間に2回まで利用できるこの保証は、最大11,000円までの修理費用に対応しています。

auでは、月額372円で利用できる修理代金サポートを展開して、2年間に2回まで利用できる保証で、最大10,000円までの修理代金を保証します。

ソフトバンクは、安心保障パックで修理代金の8割を月々の利用料金から割引する保証を、月額750円で加入することができます。

携帯大手キャリア三社の保証サービスはそれぞれ異なりますが、困った時の保険として利用するようにしますと、もしもの時にも安心できます。全てのユーザーが加入を矯正されるわけではない保証サービスですが、多くの販売店ではお守り代わりに加入することを推奨しています。

修理保証の手厚さも選ばれる理由の一つ

携帯大手キャリア三社の保証サービスの違いが比較できたので、普段の通信費用などのプランの比較だけではなく、修理保証のサービスの違いも比較する項目の一つとしておすすめします。

故障はそれほど頻繁にあるわけではありませんが、生活に欠かせないスマートフォンが使用できなくなるということは、生活に様々な支障を与える可能性があります。そのような時にも手厚く対応する保証サービスがありますと、慌ててパニックになっている状況でも、ほんの少しだけ冷静さを取り戻せるかもしれません。

iPhoneの購入先や機種変更、キャリアの変更を検討している方は、各社それぞれのサービスの違いを比べてみるのもおすすめです。

信頼性◎!大阪で評判のiPhone修理業者3選

 

スマホスピタル

スマホスピタルの画像
修理価格例(iPhone5sの場合)
ガラス:6,800円~
ボタン類:3,500円~
水没修理:2,000円~
(※アプリ割適用時の価格)

キャッスル

修理価格例(iPhone5sの場合)
ガラス:8,000円
ボタン類:5,000円
水没修理:7,000円
キャッスルの画像

スマートリペア

スマートリペアの画像
修理価格例(iPhone5sの場合)
ガラス:9,800円
ボタン類:6,500円
水没修理:6,500円