おすすめ各社のiPhone5sの修理費用早見表

修理業者名 ガラス ボタン類 コネクター 水没復旧 バッテリー
スマホスピタル 6,800円〜
(アプリ割)
3,500円〜
(アプリ割)
3,500円〜
(アプリ割)
2,000円〜
(アプリ割)
3,000円〜
(アプリ割)
キャッスル 8,000円 5,000円 5,000円 7,000円 5,500円
スマートリペア 9,800円 6,500円 6,500円 6,500円 4,500円
iPhone修理王 9,800円 5,800円 5,800円 17,800円 6,800円
リンゴ屋 10,800円 7,200円 7,200円 10,000円 5,050円
大阪の頼れるiPhone修理業者ランキング » いくらかかる?壊れたiPhoneの修理代相場 » バッテリー

バッテリー

iPhoneバッテリの修理について、よくある症状と修理にかかる費用についてまとめました。

iPhoneのバッテリ修理に掛かる費用相場

iPhone4 ○3,800円~5,000円 iPhone5S ○ 5,500円~7,980円
iPhone5 ○4,500円~6,980円 iPhone6 ○ 7,800円~9,800円
iPhone5c ○5,500円~7,980円 iPhone6Plus ○8,000円~12,000円

iPhoneのバッテリが故障した場合の対処法

長年使っているうちに、充電のもちが悪くなったり、電源が切れてしまったりという不具合がでるようになります。

これは大体はバッテリの劣化の問題。バッテリの中のリチウムイオンは消耗品なので、使っているうちにどんどん充電できる容量が減ってしまいます。

また、膨らむ・熱くなるなどの症状は、バッテリだけでなく、基盤にも影響を及ぼします。このような症状が出た場合には、すぐに修理業者に相談をしましょう。

事例1:充電しても持ちが悪い

老朽化によりバッテリが消耗してしまい、「フルに充電しても2~3時間しか持たない」という状態に。修理業者に持ち込むと、充電を繰り返すうちにリチウムイオンの充電容量が減少しているとのこと。iPhoneに1日1回100%を充電して使うと、約1年くらいでバッテリの寿命がくるのだそうです。バッテリを交換し、充電の持ちは元通りになりました。

事例2:残量の表示がおかしい

「残量メーター表示が70%から急に30%に変わる」といった具合に、メーター表示が変になることがあった。この場合は、バッテリの劣化が原因ではなく、ソフトウェアの不具合による場合も。ソフトウェアをアップデートしてみてもダメだったので、修理業者に相談しバッテリ交換を行った。

事例3:電源が突然に切れる

バッテリが十分に残っている状態にも関わらず、iPhoneの電源が突然切れてしまうようになった。バッテリが寿命を迎えていことが原因だったので、修理業者でバッテリを変えてもらった。

事例4:バッテリが膨張する

iPhonのバッテリが膨らんでしまった。バッテリが変形し、ディスプレイがゆがんでいるようになってしまったので、交換してもらうことに。放っておくと、基盤を圧迫し機能に悪影響を与えたることもあるそう。

事例5:充電すると発熱する

充電中にiPhoneが異常なくらい高温になるようになってしまった。原因としては、バッテリ内部の電圧の上昇が考えられるが、この場合バッテリではなくマザーボードと呼ばれるメインの基盤に問題があるとのこと。修理ではなく、買い替えを行わなければいけなくなった。

 

信頼性◎!大阪で評判のiPhone修理業者3選

 

スマホスピタル

スマホスピタルの画像
修理価格例(iPhone5sの場合)
ガラス:6,800円~
ボタン類:3,500円~
水没修理:2,000円~
(※アプリ割適用時の価格)

キャッスル

修理価格例(iPhone5sの場合)
ガラス:8,000円
ボタン類:5,000円
水没修理:7,000円
キャッスルの画像

スマートリペア

スマートリペアの画像
修理価格例(iPhone5sの場合)
ガラス:9,800円
ボタン類:6,500円
水没修理:6,500円