おすすめ各社のiPhone5sの修理費用早見表

修理業者名 ガラス ボタン類 コネクター 水没復旧 バッテリー
スマホスピタル 6,800円〜
(アプリ割)
3,500円〜
(アプリ割)
3,500円〜
(アプリ割)
2,000円〜
(アプリ割)
3,000円〜
(アプリ割)
キャッスル 8,000円 5,000円 5,000円 7,000円 5,500円
スマートリペア 9,800円 6,500円 6,500円 6,500円 4,500円
iPhone修理王 9,800円 5,800円 5,800円 17,800円 6,800円
リンゴ屋 10,800円 7,200円 7,200円 10,000円 5,050円
大阪の頼れるiPhone修理業者ランキング » いくらかかる?壊れたiPhoneの修理代相場 » フロントガラス

フロントガラス

iPhoneのフロントガラス(ディスプレイガラス)が故障してしまった場合、修理費用はいくらくらいかかるのか?また、壊れてしまった場合の対処法を紹介しています。

iPhoneのフロントガラス(ディスプレイガラス)の修理費用相場

iPhone4 2,000円~6,000円 iPhone5S 5,000円~14,800円
iPhone5 4,000円~9,980円 iPhone6 12,000円~22,000円
iPhone5c 5,000円~14,800円 iPhone6Plus 17,800円~22,800円

iPhoneのフロントガラスが故障した場合の対処法

iPhoneのガラス、ディスプレスに不具合が生じてしまったケースの修理内容、修理費用について調べました。

毎日使っているものだから、落としてしまったりぶつけてしまったりということもあると思います。しかし、少しの衝撃が内部の故障の原因になる場合もありますし、小さなものでもヒビが入ったままにしておくことで、不具合が生じることもあります。

液晶部分に不具合が出てきたら、すぐに修理業者に見てもらうようにしましょう。ガラスの割れやキズだけでしたら、すぐに修理してもらうことが可能です。

事例1:ガラスが割れたが、タッチパネル操作はできる。

iPhoneは今まで使っていた画面よりも大きく、つい落としてしまうことが何度もあった。最初はちょっとしたヒビだったのがクモの巣状に広がってしまい、修理することに。

基盤にダメージがないようだったので、表面のガラスと液晶パネルを交換するだけで元通りになった。

事例2:液晶ディスプレイに白いタテ線が入った

iPhoneのディスプレイに白いタテ線が入ってしまい、タッチパネルがきかなくなってしまいました。こうした症状がでたときは、液晶パネルと本体をつなぐ端子がずれてしまっている可能性があるのだそう。液晶パネルの交換を行いました。

事例3:液晶ディスプレイが浮き上がっている

1年半以上使用しているiPhoneで、バッテリーが膨張して液晶ディスプレイ浮き上がったような状態になってしまうように。

破裂してしまうんじゃないかと怖かったので修理業者に行くと、液晶パネルが歪んでなければ、バッテリーを交換すればOKで、修理費用もバッテリー代以外はかからないとのこと。

液晶ディスプレイも歪んでしまっていたらその交換修理も行わなければいけませんが、今回の場合はバッテリー交換のみで完了しました。

事例4:液晶は正常に見えるのにタッチ操作ができない

落下したり、何かとぶつけたりといった衝撃を受け、タッチパネルの一部が反応しなくなってしまった。こうした症状が出た場合、ガラスが割れていなくても、ガラスと液晶の交換修理をしなくてはいけないそう。

修理の内容は、ガラスと液晶の交換というシンプルなものになりますが、タッチパネルの操作に不具合が出ているということは、iPhone内のコネクタや部品に接触不良が発生している可能性が高いため、部品の接続チェックも行いました。

内部に影響が行ってしまう前に、早めに修理業者に相談した方が良いでしょう。

信頼性◎!大阪で評判のiPhone修理業者3選

 

スマホスピタル

スマホスピタルの画像
修理価格例(iPhone5sの場合)
ガラス:6,800円~
ボタン類:3,500円~
水没修理:2,000円~
(※アプリ割適用時の価格)

キャッスル

修理価格例(iPhone5sの場合)
ガラス:8,000円
ボタン類:5,000円
水没修理:7,000円
キャッスルの画像

スマートリペア

スマートリペアの画像
修理価格例(iPhone5sの場合)
ガラス:9,800円
ボタン類:6,500円
水没修理:6,500円