おすすめ各社のiPhone5sの修理費用早見表

修理業者名 ガラス ボタン類 コネクター 水没復旧 バッテリー
スマホスピタル 6,800円〜
(アプリ割)
3,500円〜
(アプリ割)
3,500円〜
(アプリ割)
2,000円〜
(アプリ割)
3,000円〜
(アプリ割)
キャッスル 8,000円 5,000円 5,000円 7,000円 5,500円
スマートリペア 9,800円 6,500円 6,500円 6,500円 4,500円
iPhone修理王 9,800円 5,800円 5,800円 17,800円 6,800円
リンゴ屋 10,800円 7,200円 7,200円 10,000円 5,050円
大阪の頼れるiPhone修理業者ランキング » いくらかかる?壊れたiPhoneの修理代相場 » フロントガラス

フロントガラス

iPhoneのフロントガラス(ディスプレイガラス)が故障してしまった場合、修理費用はいくらくらいかかるのか?また、壊れてしまった場合の対処法を紹介しています。

iPhoneのフロントガラス(ディスプレイガラス)の修理費用相場

iPhone4 2,000円~6,000円 iPhone5S 5,000円~14,800円
iPhone5 4,000円~9,980円 iPhone6 12,000円~22,000円
iPhone5c 5,000円~14,800円 iPhone6Plus 17,800円~22,800円

iPhoneのフロントガラスが割れた時に確認すべきこと

破損状態をチェック

iPhoneの液晶画面が割れてしまった場合は、まず、端末の状態をよく確認してみましょう。

電源を入れてみて、どの部分が壊れたのかチェックしてみてください。画面が通常通りに操作できる場合は、ディスプレイ部分を交換するだけで破損を直すことが可能です。

また、操作ができない場合や本体が折れ曲がっている場合は、iPhone自体を交換する必要があります。

逆に、通常通り操作ができる場合は、念のためにバックアップを取っておきましょう。iTunesを使ってバックアップを取っておくと、iPhone内のデータをパソコンへと移動させることができるため便利です。

Apple Care+に加入しているか

iPhoneには、90日の無償電話サポートと1年間の限定保証があります。この保証を利用すれば、iPhoneを低価格で修理することができるのです。

また、延長保証サービスのApple Care+へ加入しておくと、保証とサポートの期間を2年へと延長することもできます。

例えば、落下や水漏れなどの事故による故障が7,800円で修理できます。iPhoneの故障が心配な方は、念のために延長保証サービスへ加入しておきましょう。

しかし、7,800円で修理が依頼できるのは2年間で2回まで。2回以降は修理費用が高額になってしまう可能性が高いので、修理を申し込む際は注意しましょう。

キャリアのサポートが受けられるか

iPhoneを取り扱っている主要3つのキャリアは、それぞれの会社で独自のサポートサービスが提供されています。ここで、それぞれのキャリアで受けられるサポートの特徴を見てみましょう。

NTTドコモ

ケータイ保障サービス for iPhone&iPadが提供されており、Apple Care+に加入していない方でも同様の修理サービスを利用することができます。

また、サービスの利用料金は月額600円程で、利用できる回数は1年間に2回までです。保証対象は水濡れや全損、盗難や故障と幅広く設定されています。

KDDI

auスマートパスの会員を対象にした、修理代金サポートが設定されています。

保証回数は2年間で2回まで。Apple StoreやApple正規サービスプロバイダーに修理を依頼しておくと、修理費用を後日返金してもらうことが可能です。

ただし、修理後に書類を郵送する必要があるため、返金が完了するまでには時間がかかります。

ソフトバンク

Apple StoreやApple正規サービスプロバイダーに修理を依頼した際、発生した修理費用を還元するサービスがあります。

利用できるのはあんしん保証パック(i)、もしくはあんしん保証パック(i)プラスに加入している方

還元できる費用は、細かく設定されています。そのため、それぞれの機種で設定されている割引率をホームページで確認しておきましょう。

iPhoneのフロントガラスが故障した場合の対処法

iPhoneのガラス、ディスプレスに不具合が生じてしまったケースの修理内容、修理費用について調べました。

毎日使っているものだから、落としてしまったりぶつけてしまったりということもあると思います。しかし、少しの衝撃が内部の故障の原因になる場合もありますし、小さなものでもヒビが入ったままにしておくことで、不具合が生じることもあります。

液晶部分に不具合が出てきたら、すぐに修理業者に見てもらうようにしましょう。ガラスの割れやキズだけでしたら、すぐに修理してもらうことが可能です。

事例1:ガラスが割れたが、タッチパネル操作はできる。

iPhoneは今まで使っていた画面よりも大きく、つい落としてしまうことが何度もあった。最初はちょっとしたヒビだったのがクモの巣状に広がってしまい、修理することに。

基盤にダメージがないようだったので、表面のガラスと液晶パネルを交換するだけで元通りになった。

事例2:液晶ディスプレイに白いタテ線が入った

iPhoneのディスプレイに白いタテ線が入ってしまい、タッチパネルがきかなくなってしまいました。こうした症状がでたときは、液晶パネルと本体をつなぐ端子がずれてしまっている可能性があるのだそう。液晶パネルの交換を行いました。

事例3:液晶ディスプレイが浮き上がっている

1年半以上使用しているiPhoneで、バッテリーが膨張して液晶ディスプレイ浮き上がったような状態になってしまうように。

破裂してしまうんじゃないかと怖かったので修理業者に行くと、液晶パネルが歪んでなければ、バッテリーを交換すればOKで、修理費用もバッテリー代以外はかからないとのこと。

液晶ディスプレイも歪んでしまっていたらその交換修理も行わなければいけませんが、今回の場合はバッテリー交換のみで完了しました。

事例4:液晶は正常に見えるのにタッチ操作ができない

落下したり、何かとぶつけたりといった衝撃を受け、タッチパネルの一部が反応しなくなってしまった。こうした症状が出た場合、ガラスが割れていなくても、ガラスと液晶の交換修理をしなくてはいけないそう。

修理の内容は、ガラスと液晶の交換というシンプルなものになりますが、タッチパネルの操作に不具合が出ているということは、iPhone内のコネクタや部品に接触不良が発生している可能性が高いため、部品の接続チェックも行いました。

内部に影響が行ってしまう前に、早めに修理業者に相談した方が良いでしょう。

iPhoneのフロントパネルを修理する

iPhoneのフロントガラスに衝撃が加わったときは、フロントパネルにも影響が出ている可能性が高いです。フロントガラスとフロントパネルの違いを確認しながら、適切な修理の仕方について学んでいきましょう。

フロントガラスとフロントパネルの違い

フロントガラスとは

フロントガラスは、iPhoneの液晶画面を覆っているガラスのことです。iPhoneのフロントガラスは、プラスチックの何十倍もの硬さを持つと言われていますが、落としたり物にぶつかったりして衝撃が加わると割れてしまうこともあります。

ですが、軽い衝撃であればフロントガラスを交換するだけでいいので、修理費用を比較的安く済ませることが可能です。しかし、内部の部品までダメージを受けている可能性もありますので、念のため修理業者に確認してもらった方がいいでしょう。

フロントパネルとは

フロントパネルは、フロントガラスの内部にある液晶やタッチパネルなどの部品をまとめた部分です。ガラスにヒビが入った状態のまま使用していたり、激しい衝撃を受けたりした場合は、フロントパネルにまでダメージが加わっている可能性が高いといえるでしょう。

そうなると交換する部品が多くなるため、修理費も高くなってしまいます。ガラスが破損したまま使用していると、さらに損傷が激しくなってしまいますので、早めに交換するようにしましょう。

自分で修理する場合のメリット・デメリット

フロントパネルやフロントガラスは、自分で修理することもできます。自分で修理を行うとメリットがある一方、デメリットもあります。後から後悔しないように、事前にメリットとデメリットを把握しておきましょう。

フロントパネルを購入して修理する

市販で販売されている専用キットを購入すると、自分でフロントパネルを交換することができます。商品によって品質の良し悪しがありますが、業者に依頼するよりも手頃な費用で修理できるのが最大のメリットです。

フロントパネルの交換を修理業者に依頼すると、iPhone6の4.7インチでだいたい6500円~、iPhone6plusの5.5インチで9500円~の費用がかかります。それが市販で販売されているものだと、3000円前後で購入することができるのでとてもお得です。

しかし、その分他の道具も自分で揃えなければならないので、手間がかかってしまいます。また、不良品などが混ざっているケースもありますので、その場合は買い直さなければなりません。

このようなトラブルを発生させないためには、なるべく修理業者に依頼することをおすすめします。

フロントガラスのみを購入して修理する

フロントパネル同様、市販で販売されているフロントガラスを購入して自分で交換することが可能です。フロントガラスはフロントパネルよりも安く販売されており、だいたい1000円前後で購入することができます。できるだけ費用を安く抑えたいという方には、打ってつけの修理法だといえるでしょう。

しかし、この方法は複雑な作業なので、素人が行うには少々難易度が高いかもしれません。また、ガラスをくっつける接着剤がデジタイザという部分に流れ込んでしまうと、見た目や使い心地が悪くなってしまいます。

綺麗に完成させるには、やはり修理業者に依頼して直してもらうのが一番です。

信頼性◎!大阪で評判のiPhone修理業者3選

 

スマホスピタル

スマホスピタルの画像
修理価格例(iPhone5sの場合)
ガラス:6,800円~
ボタン類:3,500円~
水没修理:2,000円~
(※アプリ割適用時の価格)

キャッスル

修理価格例(iPhone5sの場合)
ガラス:8,000円
ボタン類:5,000円
水没修理:7,000円
キャッスルの画像

スマートリペア

スマートリペアの画像
修理価格例(iPhone5sの場合)
ガラス:9,800円
ボタン類:6,500円
水没修理:6,500円