おすすめ各社のiPhone5sの修理費用早見表

修理業者名 ガラス ボタン類 コネクター 水没復旧 バッテリー
スマホスピタル 6,800円〜
(アプリ割)
3,500円〜
(アプリ割)
3,500円〜
(アプリ割)
2,000円〜
(アプリ割)
3,000円〜
(アプリ割)
キャッスル 8,000円 5,000円 5,000円 7,000円 5,500円
スマートリペア 9,800円 6,500円 6,500円 6,500円 4,500円
iPhone修理王 9,800円 5,800円 5,800円 17,800円 6,800円
リンゴ屋 10,800円 7,200円 7,200円 10,000円 5,050円
大阪の頼れるiPhone修理業者ランキング » いくらかかる?壊れたiPhoneの修理代相場 » ライトユーザーも注目!充実保障のモバイル保険

ライトユーザーも注目!充実保障のモバイル保険

スマートフォン、タブレット、ノートPCなど、近年は持ち歩いて活用することを前提として作られたIT機器が、増えています。どこでも、最新の情報にアクセスでき、オフィスと同様に仕事環境を作ることができるなど、モバイル機器のパワーと利便性には本当に驚かされますが、同時に強いのが、破損、盗難などのリスクです。

どんなに気を使っていても、屋外に持ち出す以上、不意の事故の可能性は0にはなりません。そんな万が一に頼りになるのモバイル保険です。

モバイル保険は本当にお得なの?

複数のモバイル機器を使い分けることも多い、昨今のモバイル事情に新たに登場した保障サービスが「モバイル保険」です。

まずは、既存サービスと比べて、モバイル保険が本当にお得なのかどうか、AppleCare+と比較してみました。

  モバイル保険 AppleCare+(iPhone8を想定)
保険料(月額) 700円(非課税) 790円(税別)
保険期間 1年間 2年間
申し込み可能期間 購入後1年未満 購入後30日以内
対象機器台数 3台 1台
補償回数 合計10万円まで何度でも 2年間で2回まで
ガラス破損 合計10万円の範囲内なら0円 3,400円(税別)
その他の損傷 合計10万円の範囲内なら0円 11,800円(税別)
修理不能な破損 本体代金か25,000円の低い方を支払い 11,800円(税別)で新品同様品をお届け
盗難 本体代金か25,000円の低い方を支払い 11,800円(税別)で新品同様品をお届け
利用可能店舗 Apple正規プロバイダーもしくは提携修理店 Apple正規プロバイダー

もし、AppleCare+非加入の場合、修理費用は1年間の製品保障期間内でも、ガラス破損が17,800円、それ以外は35,800円かかります。この場合でも、モバイル保険に加入していれば、かかった修理費用をモバイル保険が負担してもらえるので、実質0円で修理できるということになります。

つまり、モバイル保険に入っていれば、AppleCare+に入る必要はないということです。

ただし、修理不能な破損と盗難は別です。モバイル保険では、25,000円もらえますが、AppleCare+は11,800円で新品同等品を届けてくれます。25,000円では新品のiPhoneを買うことはできないので、AppleCare+が圧倒的にお得です。

また、表にはない違いですが、AppleCare+ではiPhone本体やアプリの使用方法などのテクニカルサポートにも対応しています。AppleCare+未加入の場合は、購入後90日間がサポート期間ですが、加入していれば2年間いつでもサポートを受けることができます。

モバイル保険とAppleCare+どちらを選ぶ?

AppleCare+と比較した結果、ガラス破損など軽微な破損の頻度が高めの場合は、何度でも保障を受けられるモバイル保険がお得です。一方、大きな破損や盗難などの重大事故にも備えるならAppleCare+が有利です。テクニカルサポートが必要な場合も同様です。

モバイル保険は、メイン端末の他、2台の副端末を登録することもできるので、それもAppleCare+にはない有利なポイントです。

複数端末の保障を1つでカバーするモバイル保険

モバイル保険は、複雑なモバイル機器ごとの補償サービスを一括でカバーしようという保険です。例えば、手元のスマートフォン、タブレット、ノートPCの3台をまとめて、補償することもできます。

モバイル保険の特徴をまとめると以下のようになります。

  • モバイル保険は月額700円の保険金で加入できる、モバイル機器向けの保険商品です。
  • 1台の主端末と、2台の副端末を保険対象として登録できます。
  • 補償金額は、主端末は最大10万円、副端末は最大3万円です。1年の間、主副合わせて合計10万円まで補償されます。

登録できるモバイル機器は、「電波法施⾏規則第2条第1項第15号に定める無線通信が可能な機器全般」で購入後1年以内のものです。電波法云々は、難しく感じますが、国内で正規販売されている、Wi-Fi、Bluetoothが利用できるモバイル機器ならほぼ該当します。登録の主端末、副端末は、入れ替えも可能です。

補償の範囲は、故障、破損、水没などで、過失による修理も補償の対象になります。また、修理不能だった場合や盗難にあった場合は、端末の購入代金か25,000円のいずれか低い方が補償額となります。

モバイル保険は、あくまでも保険サービスで、修理は別途修理業者で行わなくてはなりません。モバイル保険と提携している修理店なら、修理費用を直接モバイル保険へ請求することができるので、保険範囲内ならば、店頭での支払いは不要です。その他の修理店の場合は、一旦修理費用を自費で払い、別途モバイル保険に保険金の申請をすることになります。その際はリペアレポートという書類が必要になりますが、大阪でiPhone修理を請け負っている業者なら、発行してくれるところが多いはずです。

増えつつあるモバイル機器の「もしも」の不安

スマートフォンなどは、メーカーの補償、あるいは通信キャリア(docomo、au、ソフトバンクなど)が回線利用者に提供するキャリア補償に加入している方が多いでしょう。iPhoneは、製造元のApple社もAppleCare+というサービスを運営しているので、合わせてこちらにも加入している方も多いと思います。

ただ、これらのキャリア、メーカー補償は購入時、もしくは購入から数十日以内でないと加入できません。しばらくして、不安になっても手遅れということがあります。

モバイル保険なら、購入後1年以内なら加入できます。そして、メーカーやキャリア補償を受けられなかった端末でも加入できます。しかも、「モバイル保険」は、1つの保険で3台までカバーできるので、モバイル機器をアクティブに使いこなしたい人には、かなり魅力的な保険ではないでしょうか。

屋外で活躍するモバイル機器

今では、街中のあちこちにWi-Fiスポットを見つけることができます。そのようなスポットは、スケジュールを確認する人、知人に連絡をとる人、SNSをチェックする人、仕事の資料を整理する人、音楽や動画を楽しむ人などなど、多様な過ごし方をする人たちで賑わっています。それもこれも、Wi-FiやLTEといった高速通信の仕組みが整備され、それを利用するモバイル機器が広く活用されているためです。

しかし、モバイル機器を外で使う機会が増えることは、破損や盗難などのリスク増にもつながります。それも、使用機器が2台、3台と増えて行けば、リスクも2倍、3倍とまではいかなくても、確実に増加してゆきます。

複数のモバイル機器を、自宅や職場以外でも活用していくなら、リスクについても今一度考え直す頃合いではないでしょうか。

信頼性◎!大阪で評判のiPhone修理業者3選

 

スマホスピタル

スマホスピタルの画像
修理価格例(iPhone5sの場合)
ガラス:6,800円~
ボタン類:3,500円~
水没修理:2,000円~
(※アプリ割適用時の価格)

キャッスル

修理価格例(iPhone5sの場合)
ガラス:8,000円
ボタン類:5,000円
水没修理:7,000円
キャッスルの画像

スマートリペア

スマートリペアの画像
修理価格例(iPhone5sの場合)
ガラス:9,800円
ボタン類:6,500円
水没修理:6,500円